メニュー

ご挨拶

●自己紹介

 しらいわ内科・リウマチクリニック院長の白岩秀隆(しらいわ ひでたか)と申します。私は医学部卒業以来約20年間、関節リウマチ、膠原病を中心に内科疾患の診療に長年携わって参りました。専門である関節リウマチ、膠原病疾患は関節以外にも全身のあらゆる臓器に様々な障害を引き起こします。そのため患者さん全体を診ることを日々の診療の心得として修練して参りました。“良きリウマチ膠原病専門医は良き総合内科医である”という信念の元に、一つの症状や疾患だけにとらわれることなく、医療の原点である患者さんとの対話を何よりも重視し、心が通った診療を実現したいと思います。

●最新のリウマチ膠原病治療

 ここ20年でリウマチ膠原病疾患の診療は飛躍的に進歩しました。疾患の早期診断技術が整備されてきたことと、生物学的製剤をはじめとした薬物療法の充実によって、多くの患者さんを良好な病状に導くことが可能となりました。当院でも実績のある標準療法を基本にすえ、先進医療の手法を積極的に取り入れ患者さん個々の背景(年齢、性別、合併症、生活様式)を考慮に入れながら治療を実践いたします。

 一方で高度でより安全な診療を行うためには、積極的に最新の医療知識を取り入れていく姿勢が必要となります。私自身、日進月歩で進む医療の知識と技術を維持するため、あらゆる場面で自己研鑽を続けてゆく心構えでおります。

●かかりつけ医としての役割

 地域の皆様に頼られるかかりつけ医となるため、一般の内科疾患への対応にも万全を期す所存です。健康診断、予防接種から、風邪やアレルギー疾患、喘息などの呼吸器疾患、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、骨粗鬆症、貧血など、皆様の身近にある疾患に対しても十分な対応が可能です。気兼ねなくご相談いただければと思います。

●最後に

 “かかりつけの総合内科医”また数少ない“地域のリウマチ膠原病専門医”として微力ながらこの地域の健康増進に貢献出来る様、これからも努力を重ねていきたいと思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

しらいわ内科・リウマチクリニック

院長 白岩 秀隆

白岩写真2

略歴

1972年8月 横浜市出身(本籍 鎌倉市)
1992年 日本大学医学部入学

1998年

   同上  卒業
 同年

自治医科大学附属大宮(現・さいたま)医療センター

総合臨床研修医

2000年

日本大学医学部第一内科学教室

(現 血液膠原病内科 呼吸器内科)入局

2004年 日本大学大学院医学研究科内科学系膠原病リウマチ学修了
2005年 東松山市立市民病院 内科医員
2009年 日本大学医学部内科学系血液膠原病内科学分野 医局長
2013年 日本大学医学部附属板橋病院血液膠原病内科 病棟医長 助教

2018年

6月6日

しらいわ内科・リウマチクリニック開院 現在に至る 

資格

  • 日本内科学会 内科認定医・総合内科専門医
  • 日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医
  • 日本リウマチ財団 リウマチ登録医
  • 日本医師会 認定産業医
  • 厚生労働省 臨床研修指導医
  • 難病指定医
  • 医学博士
  • 日本大学医学部 臨床准教授

研修会受講歴

  • 医療安全管理者養成研修会 全課程修了 (医療の質・安全学会:平成27年)
  • 医療安全推進者養成講座 全課程修了(日本医師会:平成28年)

 所属学会

  • 日本内科学会 
  • 日本リウマチ学会 
  • 日本臨床リウマチ学会
  • 日本臨床免疫学会
  • シェーグレン症候群学会

院外活動・社会活動

  • 鎌倉市介護認定審査会委員(平成31年4月~)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME