メニュー

関節リウマチの特殊病型

悪性関節リウマチ

回帰性リウマチ

回帰性リウマチ(Palindromic Rheumatism)は周期的な関節炎(関節の腫れ、痛み、赤み、熱感など)を繰り返すリウマチ性疾患で、発作の間隔は年に数回程度のものから、月に数回繰り返すものまで様々です。発作を繰り返す中で自然軽快する(10%)ものもあれば、実際の関節リウマチに移行する病型(20-50%)もあります。通常の関節リウマチと異なり、骨の変形を来すことは無く、症状を引き起こす関節は一カ所のみであったり、頻繁に移動することが多いようです。治療は発作出現時に非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)を使用することが一般的です。

フェルティー症候群

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME