メニュー

関節リウマチの治療

関節リウマチの治療

薬物療法について

概略

 我が国では1999年にメトトレキサート(MTX)が関節リウマチに適応となり、2003年には本邦で初の生物学的製剤であるインフリキシマブ(商品名:レミケード)が導入されるようになってから、関節リウマチの治療は一変しました。私自身、当時駆け出しの医師でしたが、そのときの鮮烈な印象は今でも記憶に留まっています。現在治療の選択肢が格段に広がり、メトトレキサートをはじめ従来の抗リウマチ薬の他に、インフリキシマブを含めて計7種類の生物学的製剤が日常的に使用されています。有効な薬物療法によって、ルノアールの時代には想像がつかなかった“寛解(症状が消失し、病気がコントロール出来ている状態)”にまで漕ぎ着けることが可能になりました。
当院でも、メトトレキサート(MTX)を中心とした経口の抗リウマチ薬の他に、生物学的製剤による治療も実施可能です。安全性の担保を第一義に、個々の患者様の背景(年齢、性別、合併症、生活様式など)に合わせて総合的にケアします。

薬物療法の実際

抗リウマチ薬(DMARDs)について

〝アンカードラッグ〟メトトレキサートについて

生物学的製剤

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME